バストが大きくなりたい女性のため短期間バストアップ方法☆
バストと体の仕組み


乳腺

 乳腺は、妊娠・出産後に母乳を分泌する腺組織です。母乳は乳腺で産生され、乳管を通り乳頭から分泌されるため、バストの機能の中心的な存在になります。

 豊胸手術の際には、乳腺の働きや流れを阻害する事が無いよう、パックを乳腺下に配置します。またパック内部のシリコンは、乳腺の感触に近い物を使用しています。

皮下脂肪

 皮下脂肪は、バストの「大きさ」「見た目」「柔らかさ」などを決定付ける、バストアップを考える上でもっとも重要な要素のひとつです。

 皮下脂肪はバスト内のおよそ90%を占めているため、体全体の脂肪量と比例してバストにも増減があります。ダイエットでバストが小さくなるのが典型的な例です。


短期間バストアップTOP
バストと体の仕組みTOP
次ページ
前ページ

Copyright(C) 2010
胸が大きくなりたい!
短期間バストアップ方法

[LINK] モデルダイエット/ コリラックマ/ モデル愛用ぽっこりお腹解消ダイエット講座/